オアシスロゴ
 
 





マスタ・シリンダ
ホイール・シリンダ
ディスク・キャリパ



マスタ・シリンダ
 マスタ・シリンダは、ペダル踏力を油圧に変える部分で、ゴム製カップで気密を保持しながら油圧を発生させてブレーキを作動させます。
 ホイール・シリンダは、マスタ・シリンダからの油圧をピストン・カップで受けてピストンを動かし、ブレーキ・シューを左右に押し開きブレーキを効かせます。
 また、ディスク・キャリパでは、ピストン・シールが油圧を受けてピストンを動かし、ディスク・ロータを挟んでブレーキを効かせます。
ディスク・キャリパ ホイール・シリンダ



 カップ類はゴム素材のため、摩擦や伸縮の繰り返しにより劣化していきます。また、ブレーキ・フルードが劣化してくるとカップ類の劣化も進みます。
 カップ類の劣化は、液漏れの原因となり、ブレーキ・ペダルの踏み代の増加や制動力の低下を起こします。

《 交換の目安 》
 走行距離と使用状況を勘案するとともに、整備士のアドバイスを参考にして交換しましょう。



 マスタ・シリンダやホイール・シリンダ等に液漏れがある状態で使用を続けると、しだいに漏れ量が増加してリザーバ・タンク内のブレーキ・フルードが減少し、エアの混入による制動力の低下、また、ブレーキの摩擦面に付着した場合は摩擦係数の低下による制動力の低下を起こしブレーキが効きにくくなります。



 ブレーキの効きが悪いと、本来回避できる事故も回避できなくなり、大変危険です。
 事故を起こしてしまうと、整備費用が掛るばかりでなく、他の人に迷惑を掛けることにもなります。






1つ前のページへ 交換部品一覧へ戻る 1つ次のページへ


このページのトップに戻る