オアシスロゴ
 
 








 ステアリング・タイロッド・エンドはステアリング・リンケージの一部で、ステアリング・ギヤとタイヤの中間に取付けられ、ハンドルの操作力をタイヤに伝えています。



 ステアリング・タイロッド・エンドのジョイント部は、ハンドル操作の度に摺動しているので徐々に摩耗していき、ガタとなって現れます。また、飛び石などでダスト・カバーが損傷すると、グリス漏れや異物(ホコリ、水等)が入ることで摩耗が進み大きなガタとなります。

《 交換の目安 》
 定期点検時にガタ等の異常があれば交換が必要です。



 ジョイント部にガタが発生したまま使い続けると、ハンドルの遊びが大きくなり、ハンドルを切ってもすぐにタイヤは動かず応答性が悪くなります。逆にハンドルをしっかり握っていても、タイヤはガタの分勝手に動いてしまうため走行不安定やハンドル振れなどが起こります。



 さらに摩耗が進みジョイント部が外れると、ハンドル操作ができなくなります。






1つ前のページへ 交換部品一覧へ戻る 1つ次のページへ


このページのトップに戻る