オアシスロゴ
 
 








 自動車の中でタイヤだけが直接路面と接していて、走行、かじ取り等多くの機能を持っています。特にタイヤの溝は雨天走行時等にタイヤと路面の間にある水をその溝から外へと排出し、タイヤと路面をしっかり接触させる働きがあります。



 タイヤは走行しているうちに摩耗します。

《 交換の目安 》
 スリップサインがあらわれたら即交換が必要です。(タイヤの残り溝が1.6mm以下の場合)また、編摩耗やタイヤに大きな亀裂、損傷がある場合は、タイヤの溝の有無にかかわらず交換が必要です。



 タイヤの溝が少ない状態で、走行すると雨天時等は特にスリップしやすくなり、操縦安定性やブレーキの効きが悪くなり非常に危険です。



 タイヤの残り溝が1.6mm未満の場合、整備不良車になりますので、タイヤを交換しなくてはなりません。また、スリップ等で事故を起こしてしまうと、整備費用が掛るばかりでなく、他の人に迷惑を掛けることにもなります。






1つ前のページへ 交換部品一覧へ戻る 1つ次のページへ


このページのトップに戻る