オアシスロゴ
 
 








 スパーク・プラグは、高電圧による放電で火花を発生させ、燃料に点火してエンジンを動かしています。



 スパーク・プラグは、使用を続けるうちに電極が摩耗(電極消耗)したり、燃焼時に発生するカーボンが電極部に付着すること(くすぶり)で点火ミスを起こすようになります。

《 交換の目安 》
 走行距離と使用状況を勘案するとともに、整備士のアドバイスを参考にして交換しましょう。



 スパーク・プラグの電極消耗によってスパーク・ギャップが大きかったり、くすぶった状態で使い続けると、火花がうまく飛ばずに点火ミスを起こしエンジンの調子が悪くなります。



 そのまま使い続けると、エンジンが力不足になったり、エンジンが掛りにくくなり、燃費の悪化の原因となります。また、未燃焼ガスの排出や不完全燃焼による一酸化炭素排出量の増大等環境への悪影響が大きくなります。






1つ前のページへ 交換部品一覧へ戻る 1つ次のページへ


このページのトップに戻る