オアシスロゴ
 
 








 エンジン・オイルはエンジン内部の摩擦部分の潤滑を行ってエンジンを滑らかに回転させ、さらにエンジン内部で発生した不純物(鉄粉、燃えカス等)を包み込み、エンジン内部に傷がつくことや汚れることを防止しています。



 エンジン・オイルが古くなってくると、不純物(鉄粉、燃えカス等)を包み込む力が衰え、エンジン内部の摩擦部分への潤滑が充分にできなくなります。

《 交換の目安 》
 走行距離と使用期間を勘案するとともに、整備士のアドバイスを参考にして交換しましょう。



 長期間交換しなかったエンジン・オイルは、不純物(鉄粉、燃えカス等)を包み込むことができなくなり、エンジン内部に汚れが蓄積します。また、エンジン内部の摩擦部分に鉄粉などが直接当たり、キズを付けたり、潤滑不良による焼き付きを起こします。



 エンジンの調子が悪くなり、最悪の場合焼き付きを起こし、エンジンが停止してしまいます。このようになるとエンジンを分解する必要があり、多大な出費につながります。






1つ前のページへ 交換部品一覧へ戻る 1つ次のページへ


このページのトップに戻る