オアシスロゴ
 
 



〜 クリーンな大気環境のために 〜
DPF(黒煙除去フィルタ)など後処理装置付車の正しい使用のお願い


 はじめに
最近のディーゼルトラックは、排出ガス規制に対応するためDPF※1や尿素SCRなどの排出ガス後処理装置を多く採用しています。これらの装置は適正に使用しないと、エンジン停止などの原因となります。
下記の点について正しいご理解をお願いします。

※1:DPFの各社の呼称:いすゞ:DPD、日野:DPR、三菱ふそう:DPF、UD:UDPC

 適切な使用に関するお願い
DPFや尿素SCRなどの後処理装置は、正しい使用方法をご理解頂き、各社が規定する適切なメンテナンスを行って頂くことが重要です。


各社で装置の名称、表示の色・方法、取扱い方法などが異なりますので、
詳細については、
必ずご使用のお車の取扱説明書をご確認ください。●●




 DPFについて

■DPFの取扱いについて
PM(すす)が溜まると、自動的にPMを燃焼させることでフィルタの性能を保持します。(この時インジケータランプが点灯してドライバに知らせる車両もあります。)走行条件によって自動再生では再生が完了しない場合があります。その場合には、インジケータランプが点滅して、手動での再生をドライバに促します。フィルタの再生を行ってください。
◆運行中の手動再生作業を避けるには、運行終了時に車庫に戻った際に定期的にインジケータで堆積状態を確認し、場合により手動再生を行うこともひとつの方法です。


ランプ点滅時、一定時間内に手動再生を行えば良い場合や、速やかに手動再生を行わなければならない場合があるので、必ずご使用のお車の取扱説明書をご確認ください。
インジケータランプが表示されたまま使用すると、大幅な出力低下やエンジン自動停止が起こります。


 ■DPFに関するQ&A
Q.手動再生はどのくらいの頻度で行う必要があるのですか?時間はどのくらいかかるのですか?
A.手動再生の頻度や再生に要する時間は、ご使用のお車の年式や車種、使用条件、整備状態などにより異なります。特に頻度は、同じ車両であっても使用の仕方により変わるものですので、一律に提示することはできません。ご使用のお車で不明な点やご心配な点等ありましたら、お車の取扱説明書をご確認頂くか、もしくは購入された販売会社にご相談ください。


+■DPFにはエンジンオイルの燃えカス(アッシュ:灰分)が堆積しますので、定期的な点検・清掃
  必要です。
●エンジンオイルの補充または交換には、必ず「メーカー指定のオイル」を使用してください。
DPF付車のエンジンオイルには、低アッシュ(灰分)「DH2(VDS-4)」オイルが指定または推奨されています。
「DH2(VDS-4)」以外のエンジンオイルを使用すると、DPFへのアッシュの堆積が早まり、目詰まりが起きやすくなります。





 尿素SCR(選択還元触媒)について
尿素SCRには、メーカー指定の尿素水を使用してください。
メーカー指定の尿素水を補給しなかったり、適正でない尿素水を使用した場合には、ウォーニングランプの点灯や尿素添加装置の故障、最悪の場合には車両走行不能に陥ります。

*■尿素SCR触媒の取扱いについて
●メーカー指定の尿素水は、NOx(窒素酸化物)低減のための触媒添加剤です。尿素水タンクが空の状態では走行できません。排出ガスが悪化するだけでなく、エンジンの再始動ができなくなります。残量が少なくなったり、残量ウォーニングランプが点灯した場合は早めに補給してください。
●尿素水タンクにメーカー指定の尿素水以外の尿素水等を補給した場合、NOx浄化率の低下やフィルタの詰まり、低温時における凍結によるウォーニングランプの点灯など不具合が発生する可能性があります。メーカー指定の尿素水をご使用ください。
 

*■尿素水に関するウォーニングランプ
 ● 残量ウォーニング
   尿素水残量が少なくなると点灯します。
   早めに補給してください。

 ● 品質識別ウォーニング
   指定の尿素水以外の液体を補給したとき点灯します。
   取扱説明書をご確認ください。

 ● 添加システムウォーニング
   尿素水添加システムに異常が発生すると点灯します。
   ただちに整備工場に連絡してください。





 低硫黄軽油の使用について
排出ガス後処理装置付き車には、必ず低硫黄軽油を使用してください。
2007年以降、自動車排出ガス規制の強化に伴い「自動車燃料品質の規制値」も強化され、軽油に含まれる硫黄分が10ppm以下の低硫黄軽油となりました。DPFや尿素SCRなどの排出ガス後処理装置の性能を維持するためには、必ず低硫黄軽油を使用してください。
それ以外の燃料を使用すると、排出ガス後処理装置の故障やエンジン停止などの原因になります。





 お問い合わせ先
ご不明な点等につきましては、各社最寄りの販売会社または下記へお問い合わせください。
● いすゞ自動車 お客様相談センター  0120-119-113
● 日野自動車 お客様相談窓口 0120-106-558
● 三菱ふそうトラック・バス お客様相談センター 0120-324-230
● UDトラックス お客様相談室 0120-67-2301







前のページへ 目次へ 次のページへ


このページのトップに戻る