オアシスロゴ
 
 



どんなに気を付けて乗っていても、突然起きるトラブルを100%避けることはできないものです。そんなとき、大切なのは「あわてない」こと。二次災害を起こさないよう、落ち着いて対処しましょう。

1  バッテリがあがったら

1
2
ブースタ・ケーブルを接続できる位置に救援車を
止めて、エンジンを停止しておきます。
ブースター・ケーブルを次の順に接続します。
赤いケーブルを、バッテリあがりのクルマの
バッテリ+(プラス)端子に接続します。




3
4
赤いケーブルのもう一端を、救援車のバッテリ
+(プラス)端子に接続します。
黒いケーブルを、救援車のバッテリ−(マイナス)
端子に接続します。




5
6
最後に反対側の黒いケーブルをバッテリあがり
のクルマのエンジン本体のフックもしくは、
バッテリ−(マイナス)端子に接続します。
救援車のエンジンをかけ、可能な場合はエンジン
の回転数を少し上げます。次にバッテリあがりの
クルマのエンジンをかけます。エンジンがかかっ
たら、ブースタ・ケーブルを接続したときと逆の
順序で取り外します。

 バッテリには化学薬品などが使われているため十分に注意しながら作業をしま
 しょう。車両によっては、救援用端子を別に設けている場合もあります。












前のページへ 目次へ 次のページへ


このページのトップに戻る