オアシスロゴ
 
 



どんなに気を付けて乗っていても、突然起きるトラブルを100%避けることはできないものです。そんなとき、大切なのは「あわてない」こと。二次災害を起こさないよう、落ち着いて対処しましょう。

2  パンクをしたら A(タイヤ修理剤を使った対処方法例)

タイヤ修理剤はトレッド部(接地部)にクギやネジが刺さるなどの軽度のパンクを応急修理するためのものです。
抜いてしまうと応急修理キットの応急処置ができなくなる場合がありますので注意しましょう。







 ★ 応急修理の手順(本手順等は一例であり搭載されている応急修理キットにより異なります)
1
2
タイヤパンク応急修理キットに付帯している、
速度制限シールを運転者のよく見えるところに
貼ります。
※ 応急修理済みであることを運転者へ示すため
  必ず実施しましょう。
コンプレッサからホースと電源プラグを取り出し
ボトルホルダのキャップを外します。




3
4
修理剤ボトルのキャップを外し、注入ホースと
の接合箇所に取り付けます。
※ 修理剤を直接タイヤへ注入するタイプもあり
  ます。
ホースの先端をタイヤのバルブにねじ込みます。
コンプレッサのスイッチがOFFであることを確
認し、電源プラグを車内の電源ソケットに差し
込みます。
※ ホースを接続する前に排気用バルブが閉まっ
  ているか確認してください。




5
6
コンプレッサのスイッチをONし、タイヤを指定
空気圧、または最低基準圧まで上げます。途中、
コンプレッサを一時停止して空気圧を測定しま
す。空気圧が高すぎる場合は、排気用バルブを
調整してタイヤの空気を抜きます。
空気圧が上がったら、コンプレッサのスイッチを
OFFにし、電源プラグを電源ソケットから抜き、
注入ホースをタイヤのバルブから抜きます。




7
8
修理剤を入れたら、定められた時間、または距
離を走行してください。運転は規定以下の低速
で注意しながら運転します。
※ 修理剤をタイヤ内に広げるため必ず実施しま
  しょう。
走行後、コンプレッサのスイッチがOFFの状態
で注入ホースをタイヤのバルブに取り付け、空
気圧を点検します。空気圧が低下していない場
合は一時的な修理は完了です。走行前に指定空
気圧に調整してください。

 ★ タイヤ空気圧が低下したときは、ステップ5〜8を繰り返してください。

 タイヤ修理剤はあくまでも応急処置です。使用後はすぐに整備工場へ行き、
 確実な修理などを実施しましょう。






前のページへ 目次へ 次のページへ


このページのトップに戻る